スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白モノ

初版が2003年とかなり古い本なのですが、遅まきながら中村庸夫氏のチョウチョウウオガイドブックを手に入れました。

パラパラとページをめくると、美しい写真とともに119種のチョウたちの紹介がなされています。

こうやって見ると過去にそこまで珍しくもなかった魚が、今やほとんど輸入がなく幻に近くなった子たちもいて感慨深げです。

近年、サンゴを飼育される方が増え、海水魚飼育はどちらかというと少数派になったような気がします。
しかし私は、魚の餌付けや飼育過程のドキドキ感、緊張感等が麻薬中毒のように惹きつけられまくっていますので、これからも魚一筋で行くように思います。

まだまだ飼育してみたい魚もいっぱいいますし。改めて、このガイドブックを見て、そう思いました。

過去記事で、私はシマシマにそそられている話をしましたが........

アケボノやフウライ、スダレ、クラカケと言った表題の白モノ系を私は、あまり飼育したことがありません。

でも、この子だけは、前から興味があったので、ポチッてしまいました。

届いて開封する時ドキドキしますね。
梱包開 ニューカマー
今回は、LSSの導入キットを切らしていたので、メチレンブルー浴→白点キラー浴→ジャームキラー浴→半海水→白点キラー2日(バケツ)をして、トリートメント水槽へ。

メチレンブルー浴 ジャームキラー浴

なんだかわかりますか?

白点キラー浴
ニセフウライちゃんでした。

えっ?
  
スポンサーサイト

プレイバック

本水槽

あれれ、なんか変ですね........タルマが.......

先週、本水槽にタルマも加え順調に行ったかに見えたのですが、よく見るとチェルモンが劣勢になっていました。

追い掛け回したり、小競り合いをしたりとかは全くないんです。
しかし、タルマが餌に近づくとチェルモンがすっと離れるのです。なんか気後れしている感じです。

もう少し様子を見ようかなと、かなり迷ったのですが、チェルモンがほとんど餌を口にできていないようなので、拒食になる前に
やはり、タルマを元に戻すことに決めました。

タルマは、単独では、かなりスローイーターだったのですが、競争下にあるとやはり動きが違います。

パクパクマシーンになってました(笑)
良い結果だっただけに元に戻すのは抵抗がありました。

やはり、また単独に戻すとスローイーターに(汗)

何なのでしょうね。

混泳に失敗した理由は、水槽が小さいせいでしょうね、逃げ場がないのです。

また、試しにタルマとゲンロクダイを混泳させたのですが、ゲンロクダイが執拗にタルマを追い掛け回すので、タルマ単独になりました。

また、様子を見て、混泳グループをチェンジしてみようと思います。
サブ水槽

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

Mix2

タルマの餌付けなのですが、練り餌主体で、フレークも食べますが、積極的ではないです。
粒餌は撒いていると、すべての餌がなくなった時、しぶしぶ食べているような感じです。

ですが、単独飼いで、寂しいのでしょうか、餌もパクつくと言った感じではなくとてもスローリーなので、競争感を持たせ、食べ具合を良くする目的で、ハナグロチョウ達の水槽に混ぜることにしました。

ハナグロは、あれから先住のハナグロとある程度折り合いをつけ、同居することには成功しました。
ただ、餌を食べているときや、機嫌が悪いと追いやられます。

またチェルモンが、性格の良い仔なので、タルマに対してどうかな、なんとかなるかなと思ったのも混ぜる動機でもありました。

またタルマがや他の仔よりや大きいので、ハナグロ達の抑えになるかなと、でも逆に苛めるような性格かどうかは不明ですが、思い切ってチャレンジしました。


いまのところ特に問題はないようです、タルマの食に対する積極感が出てくれれば良いのですが。

Mix

ハナグロチョウをお見合いさせていましたが、1週間経ちましたので、金曜の夜、消灯時に左の境を外し、移動できるようにしてカバーをかけて一晩過ごさせました。

朝、カバーを外すと2匹が近くにいたので、あれっと思ったのですが、案の定、寝ぼけていただけで、しばらくすると古参の仔が新しく入れた小さい仔を追いかけまわし始めました。

どうせ昼過ぎに水換えするのでしばらく放っておいたのですが、昼過ぎには、小さい仔が近くによると「どけよお前」みたいな感じで追いやる感じに収まっていました。

餌はやはり同時には突けません、大きい仔が小さい仔を蹴散らします。
なので離れたところにもう一つ投入するとなんとか、小さい仔も何とか有りつける感じです。

まだ1日目なので、様子見です。

ボロボロになるまで追いかけなかったので、ひとまず安心しました。

さて、ペア化うまくいくでしょうか?

プロフィール

もこじじい

Author:もこじじい
稚拙な文章を操るおちゃめな50過ぎのおやじです。

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
メイン水槽
マルセラバタフライ
ハシナガチョウ
ミューラーズ
サブ水槽
ハナグロチョウ1
実家水槽
ロクセンヤッコ
コラリス1
イッテンチョウ
レインフォーズ
コクテンカタギ
ゾスター
シリキルリスズメ
ホンソメワケベラ
スミツキ
インディアン
スクエアバック
スパニッシュホグフィッシュ
ソマリバタフライ
ブルーエンゼル
タヒチアンバタフライ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
もこの歓迎者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。