スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑似ペア

海水魚を飼い初めた当初、色彩の大胆さや個体の性格が判りやすい、ヤッコに魅せられていました。
しかし個を主張しすぎる面もあり、組み合わせなどとても気を使います。

動きの異なる色々な魚種を入れ緩衝役にさせた方が良いのは分かるのですが、この趣味、とてもコレクション性があり、つい気に入った魚種のみを集めたくなります。

ヤッコ好きならばヤッコだけ、チョウチョウ好きならばチョウチョウだけと.....。

多くの魚種を混泳されている方を見ると、「この人、上級飼育者なんだな」と私はいつも思います。
明らかに、色々な種類を入れた水槽ほど絵になるし、緩衝役が多く、混泳がスムーズに行くからです。

しかし、判ってはいるのですが、なかなか私が思う上級者に、近づけないんです。

誰もが目を引かれる大型ヤッコとは違い、チョウチョウウオは、動きもダイナミックではないし、色彩も地味な子が多いのですが、和を保ちつつ、群泳が似合う彼らに惹きつけられてしまいます。

あの飄々とした動きに和まされるというか.......どう表現したらよいが判りませんが、惹きつけられるのです。

なかでも、仲よく連れ添って、おんなじ方向に泳ぐ疑似ペアというかカップル?達は、周りの"静"とは違う"動"が生まれ、2匹だけの空間というか、同じ水槽内でありながら、違う世界を垣間見せてくれます。

自然下の純ペアではなく、狭い水槽内で強制的に組まされた?疑似ペアですから、大抵同じ種類で生じます。
ですが、たまに異種間でも発生します。

実家水槽で、コラリスの2匹が疑似ペアですが、他に近似種のコクテンカタギとアフリカンリーフバタフライが疑似ペアを組んでいます。

コクテンカタギより一回り小さいアフリカンリーフバタフライを、後から入れたのですが、当初、コクテンカタギにロックオンされ追い掛け回されていました。
しかし、何かのスイッチが入ったのか、2~3ヶ月で、コクテンカタギより一回りほど大きくなり、疑似ペア化したのです。

この疑似ペア、コラリスの2匹と同じ動き、つまり連れ添って泳ぐようになりました。

できるだけ、たくさんの種類を飼いたいと思う反面、他の魚にも疑似ペア化をさせたいというか、今いる同じ種類を足すかいつも悩みます。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

バケツ的飼育

ハナグロチョウチョウウオの飼育がまもなく7ヶ月になろうとしています。

粒餌の移行をあきらめ、前回記事の強化成分を含む、あさり・冷凍餌・粒餌混合の餌を与えています。

長期飼育に向け、餌はこれでいいように思えますが、気になる点がひとつ。

餌付け初期より心配点だった、何かむず痒いような動き......突然ビュッと泳いだり、体をくねらせたりとかなんですが。

原因が何か不明で、エラムシや肌の寄生虫を疑い、プラジカンテル配合のトレマゾル浴、ホルマリン浴等、またハダムシの可能性も捨てきれず淡水浴等色々してきましたが、いまだにその不明行動はなくらないのです。

過去の失魚のほとんどは、過酸化水素浴なので、こちらは避けています。

魚種によっては、あるいは他に原因があるのか不明ですが、過酸化水素は私にとって取り扱いが難しい処置だと思います。

ただ、いじりすぎは魚にストレスを与え、あまり良くないと考えています。

特にこの個体は、臆病な面があり、あさりの殻に入れた餌を投下するだけで、びっくりしてビュンと逃げてしまいます。
ですから、水替え直後は、水槽に近寄るだけで、ビクビクしています。

従って、この子の長期飼育のカギは、

①何らかの病気?対策
②ストレス緩和
③餌

ではないでしょうか。

ただ同居魚のチェルモンが緩衝役なのか、ペア魚のように寄り添っていることが多く、良い影響を与えていると思います。

チェルモンは、粒餌に移行をしようと思っていたのですが、このままずっと同居してもらうことにしたので、ハナグロと同じ餌を突いてもらうことになります。

しかし、なるべくストレスを与えたくない反面、生餌である、あさりや冷凍餌により水が汚れやすいので、毎週の大量換水の試練が必要になります。

実家水槽と同じく、彼らの背がでるくらい水を抜きます。
水替え 水替え

ストレスも与えますが、このようなバケツ的飼育方法でも長期飼育可能と思っています。

濾過槽も人に笑われるような簡素なものですが、餌の目詰まりとか考えるとこの方が良い場合もあると思っています。

このあたりは自分の経験則ですが、少数飼育だからできると考えてもらった方が良いです。

ただし数が多い場合はこの限りではありません、かなりの工夫が必要になると思います。

こちらは、換水直後の餌やりです。かなりビクビクしています。
チェルモンは寄ってきませんが、ハナグロはビクビクしながらも餌への欲求の方が強いようです。
[広告] VPS

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

プロフィール

もこじじい

Author:もこじじい
稚拙な文章を操るおちゃめな50過ぎのおやじです。

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メイン水槽
マルセラバタフライ
ハシナガチョウ
ミューラーズ
サブ水槽
ハナグロチョウ1
実家水槽
ロクセンヤッコ
コラリス1
イッテンチョウ
レインフォーズ
コクテンカタギ
ゾスター
シリキルリスズメ
ホンソメワケベラ
スミツキ
インディアン
スクエアバック
スパニッシュホグフィッシュ
ソマリバタフライ
ブルーエンゼル
タヒチアンバタフライ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
もこの歓迎者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。