メイン水槽 3ヶ月目

メイン水槽3ヶ月目の報告です。
前回の報告から1ヶ月、バクテリアの追加はしていません。
本日の換水後に1アンプル追加しました。
換水前の水槽です。残餌や糞がデスブロックの下に溜まっています。

換水前
インディアンを実家水槽に移したことは報告済みですね。
1匹少ない状況なので、水質の報告は、いままでの報告と同列では考えてはいけませんが、あくまでも指標ということで見て戴きたいと思います。
ただ実際の飼育は当然もっと過密であったり、増減も多いと思います。
ですが、初心者の方が、セットしてすぐ飼育をして、飼育数を少なくしてるが、食べる個体に気を良くし、びくびくしながらも餌を多少あげすぎても、大丈夫と自信を持って言えます。
なぜならば、私は今「ドヤ顔」なんです。(笑)
いや、ふんぞり返りたいぐらいです(爆)

NO2
NO2 0.05PPM
NO3
NO3 2.5PPM
PO4
PO4 0PPM
私は、毎週、溜まった糞を取り除くため、15~20L(総水量の1/4~1/3)換水していますが、この結果なら、毎週でなくてもいいですね。初心者もそこまで気合を入れなくて飼育スタートできるでしょう。
バイオダイジェスト+バイコムバフィーを侮っていました。(あまり良くない結果に落ちると思っていました)

今から始めたいなと思うけど、どうしようかなと言う方、まずはショップにいってみてはいかがですか?
スポンサーサイト

アクアな看板

昨日、過去に写した写真を整理していると、面白い写真が出てきました。
バリナエンゼル
シドニー郊外を散策していた時に見つけた看板です。
とてもマニアックな魚が載っていたので、思わずパチリ(笑)
シドニーのあるポートジャクソン湾は複雑な入り江になっていて、サメは、よく小さな河にも入り込むとは聞いていましたが、ロードハウ群島から、かなり距離のあるこのポートジャクソン湾にバリナエンゼルが入ってくるのでしょうか(驚)
看板のあった入り江

入り江

バーゲスSP

先週土曜、実家の水槽の換水とともに、こちらのメイン水槽にいましたインディアンとヨスジスズメダイを移したのですが、今朝、母より白黒の魚が死んでるよ(「バーゲス」)と連絡がありました。
飼育し始めて、1年2ヶ月でした。
実家水槽は、毎週末のマット交換、スキマーの掃除と月1で換水300Lを行っています。
餌やりは、母に頼んでしてもらっているので、餌食いは、分からないのですが、泳ぎや異変は毎週末に見ているつもりでした。
泳ぎ等おかしいなと思ったときは、餌を流してみて、行動をチェックしたりして、過去にマルセラやコラリスは何度か、連れて帰って養生させたりしていました。
先週末の時点で、バーゲスは特に泳ぎや異変もなく、変わった点もなかったので、「まさか!」という気持ちで愕然としています。
近似種のインディアンを入れたことにより小競り合いをしたとも考えられますが、母に確認したところ、ヒレの欠けや特に痩せているといったこともないようなのです。(土曜→月曜の短期間なのと、抑えのロクセンもいて、激しい小競り合いは見たことがない)でも、週末管理のみなので、原因はわかりませんが、管理不足としか言えません。
せっかく、タルマコーラルの餌付けに喜んでいたのも束の間でした。

いまさらですが、彼?の追悼のためにも少し故魚の紹介を。
彼は、インドネシア便で入ったにも関わらず、クラウン部分に黄色が入った個体でした。
バーゲス交雑種
いわゆるマーシャルティンカーと呼ばれるティンカーとの交雑個体とは海域的に考えにくく、何か他のチョウとの交雑か、もともと持っていた遺伝的な因子なのか、とても謎の多い子でした。
ナイトカラーの時、体側後半の黒い部分が、かなり薄くなり、背びれの後端に眼状斑のようなものが浮き出ていましたが、他のバーゲスにもでるのでしょうか?

ロア属、私にとって、やはり鬼門なのかな(><);.....

タルマコーラルの餌付け その後

ここ一週間、タルマコーラルの餌に試行錯誤していました。
人工餌100%にしてみたものの、積極性がなく、私がみていると、いままでのアサリ入りをくれるのじゃないかと食べる気配がなく、陰からこそっと見ていると、しぶしぶ食べているのが観察されました。
しかし、このブログで映像をお見せする事ができないので、さらに彼?の嗜好をさぐり、とある結果にたどり着きました。
その結果、100%人工餌のブロック餌にも関わらず、よく食べるようになり、映像もお見せすることができる運びとなりました


基本的にはこちらで紹介しました、餌の作成方法と同じですが彼?の嗜好の問題で、中身が多少異なっています。
今回のブロック餌は、つなぎがありませんので、崩壊が早いというのが弱点ですが、あとは、その崩壊した粒餌に慣れてくれることを期待し、タルマコーラルの餌付けは、これで完了と致します。
※映像にいつものごとく私が映り込んでいますが、気にされないようにしてください(笑)

タルマコーラルの食欲

食欲が警戒心を上回るとこうなります。
混合餌の影響で、水槽内が綺麗ではありませんが、お見せします。


タルマコーラルの飼育は、この子が初めてで、全般的なのか、この子だけなのか、分かりませんが、警戒心が薄いようです。
他のチョウは、水替えのとき、手を入れると逃げますが、この子はあまり逃げません。
若干は警戒しているようですが食欲には勝てないようです。
この子が私に馴れているわけではないんですよ。

セットしてすぐ飼育 海水魚編 ゴール

2ヶ月前に開始しました「セットしてすぐに飼育 海水魚編」の8回目換水報告つまり、ゴールとなります。
NO2
NO2  0.1PPM
NO3
NO3  5.0PPM
PO4 PO4上から
PO4  0PPM
結果が段々悪くなるだろうという私の予想は、外れました。
結果を見る限り、問題ないですね。
バイオダイジェストのバクテリア数は減少の一途ではなく、増殖しているのかもしれません。
今回、約束通り、1アンプル追加しました。今後も1ヶ月毎に1アンプル追加していきます。
スタートフィッシュの排泄物で十分にバクテリアを育てて1ヶ月後に飼育開始するより、バイコムバフィー+バクテリアの素で、セット後即日飼育できるなら、初心者の方も気負いも少なく飼育スタートできるのではないでしょうか。

完走しました
完走したメンバーの面々(笑)
今後も定期的に報告するか迷ったのですが、メイン水槽のメンバーは、実家水槽に巣立せようと思っていますから、メンバーの増減で結果の意味合いがなくなります。
しかしメンバーの増減に関係なく、ある程度の指標としてなら参考になるかもしれませんので、1ヶ月毎ぐらいに報告しようかなと考えています。


最後に、タルマコーラルの餌の配合を変えました。
配合変更
アサリ:人工餌(1:2)にしました。
上が(1:1) 人工餌は1種類
下が(1:2) 複数の人工餌を混ぜています

一気に人工餌100%にできないところが、私の性格かもしれません。

温泉

金曜お休みを戴いて、モコと両親を連れて一泊で熊本県阿蘇郡南小国町にある小田温泉に行ってきました。
小田温泉は、全国的にも有名な黒川温泉と国道442を挟んだすぐ近くにあり、メタ珪酸が多くトロッとした泉質で、隠れた穴場です。黒川温泉は有名になりすぎて、高騰しすぎたので宿もとりにくく半年以上前から予約しないと取れませんが、小田温泉は少し早めにとれば、取れるというのも気軽に行ける良い点です。
今回は、ペット連れ宿泊可なコテージタイプの宿にしました。
父が車椅子になってから、サイドリフトアップが付いている車に換えたのですが、これは非常に便利ですね。

花心 サイドリフト

ここは小田温泉の中でも少し奥に入った山の中にあります。
花心
このあたりは、九重高原の中にあるため、空気もとても綺麗です。
九重高原 九重高原 九重高原 九重高原
コテージタイプなためお風呂はそんなに広くないのですが、内風呂と露天が付いています。
内風呂 露天風呂
食事はそれなりでしたが両親が喜んでくれたのが何よりでした。
食事 食事 食事 食事
翌日、近くを探索し、牧場に寄ったり、高山植物のミヤマキリシマを探したりしました。
牧場 ミヤマキリシマ
途中、茶屋でジャージー牛のソフトクリームを食べたのですが、乳脂肪が少ないのか、高気温(5月末の高原なのに30℃を超していました)のためか、食べるスピードと溶けるスピードとの競争(笑)でした。茶屋から望む九重連山が美しく、モコも感動?してたかも。
茶屋 モコ 九重連山
帰りは、モコも疲れたのか、車中でぐっすりでした。
モコ
プロフィール

もこじじい

Author:もこじじい
稚拙な文章を操るおちゃめな50過ぎのおやじです。

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メイン水槽
マルセラバタフライ
ハシナガチョウ
ミューラーズ
サブ水槽
ハナグロチョウ1
実家水槽
ロクセンヤッコ
コラリス1
イッテンチョウ
レインフォーズ
コクテンカタギ
ゾスター
シリキルリスズメ
ホンソメワケベラ
スミツキ
インディアン
スクエアバック
スパニッシュホグフィッシュ
ソマリバタフライ
ブルーエンゼル
タヒチアンバタフライ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
もこの歓迎者数