スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もこあらい

ここ北部九州地方は、梅雨が明けて以来、一切雨が降らず(もしかして山間部では多少降っているのかもしれませんが、住んでいるところは全くです。)猛暑が続いています。

あまりに暑い日が続くので、モコを連れて水浴びに行きました。
水浴び

水がかなり綺麗な上流で、ここより1㌔下流のところには、大勢の子供を連れた家族連れが水浴びするところがあるのですが、その家族たちを横目にさらに上流に上がり、流れが穏やかで川幅が狭いところを選びました。

モコ「おいちゃん、気持ちいいよ~♪」
水浴び
と言ったかは定かではありませんが、気持ちよさそうなので、カメラ目線でパチリ。



スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

退院

昨日、もこちんを迎えに行ってきました。

今回は手術を伴う約2週間の入院で、私達にとっても、もこちんにとっても長い待ち遠しい時間でした。
帰宅後のもこちん
 
(以下、当方の記憶を留めるという形で、今回の手術までの経過を書いています。ご興味のない方はスルーでお願いします。)

経過

前回のヒート後、排尿時に黄色いドロッとした膿が残ることがあり、いつものかかりつけの病院で診てもらった結果、軽度の子宮内の炎症の疑いがあり、将来的に6歳以降(好発年齢)の雌の4匹に1匹罹る子宮蓄膿症(こちらに詳しく書かれていますので勝手にリンクさせていただきました、グロい写真もあるので自己責任で開いてください)になる可能性があるとのことでした。
この時はお薬をもらい経過観察になりました。

一時は、その膿も止まっていたのですが、先月末に、沢山膿が出るようになり、おむつを履かなければならない状態に。
急いで、病院に行き診てもらいました。

レントゲンと詳細な血液検査をしてもらったところ、赤血球、白血球はもちろんのこと、ALP、アミラーゼ、リパーゼが高くなっていました。
血液検査

ただ膵炎の兆候はないのですが、子宮がやや腫れているのとアミラーゼ、リパーゼが高いのが気になるので、最悪手術になるかも知れないが、現在、行きつけの病院の看護師さんがひとり産休で里帰りしていて、人数が少ないのと、もこちんの脂肪の厚みで麻酔量が不安なので、大学病院を紹介してもらうことになりました。
大学病院

3/11(金)に受診したのですが、エコーではっきりとわかるくらい、子宮内に蜂の巣状の膿疱があり、子宮内膜症~軽度の子宮蓄膿症を生じているので、卵巣子宮全摘を言い渡されました。
手術日は、翌3/14(月)に行うことに。
アミラーゼ、リパーゼは相変わらず高くCRPも上がっていたので、膵炎の疑いもあるが、症状がないので、頭をひねっていました。

どうせ開腹するのなら膵臓の生検をお願いしましたが、刺激を与えることにより症状が悪化する可能性があるのでしない方がいいとのこと。
膵臓は様子を見ることにしました、というのも子宮内の炎症で数値が上がっている可能性もないことはないとのことでした。

(術後は、ずっと血液検査をしていましたが、数値は下がっていました。)

卵巣子宮を全摘しているので、再発はないが、切除部が袋状になり膿がたまることが偶にあり、その時は再手術になるが、大丈夫だろうとのこと。
縫合痕
(8cm程、開腹)

アミラーゼ、リパーゼは、今は下がっているが、時々血液検査を行い要観察とのことでした。

体のあちこちに採決しやすいようにハゲが作られていました(笑)。
採血場所~ハゲ

今回の手術の前にインフォームドコンセントで麻酔等やショックで死に至ることがある事を説明され受諾のサインを求められましたが、死に至った場合は容認はできないことを伝え、迷いましたがしないと手術してもらえないので、仕方なくサインをしました。
しかし「"失敗しないので"安心してください」と言ってほしかったです。

それともこちんを預けたとき、月曜の朝一番で手術と聞いていたのですが、午後になっても電話がなく(術後必ず担当医から電話があると言われていたので)2時過ぎてもないので、堪らず電話するとまだ手術中とのこと????
失敗して死んだんじゃないかと、かなり気が気ではなく仕事が手に着きませんでした。
実は、昼からだったらしく、月曜の朝一番と言った方の間違いでした。
いや~本当に心配しました、受諾サインをしたのは自分でしたし、とても責任も感じました。

しかし、もこちんの再び元気な顔を見れて本当に良かったです
帰宅後のもこちん

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

朗報

心配していた"もこちん"の退院が25日(金)に決まりました。

家族一同、ほっとしています。

早く、元気な顔が見たいです。

アイドル"もこちん"

我が家のアイドル、もこちんが入院してしまいました。

怪獣デブラ、もこちんがーZと色々な異名取るワンコですが、私たちにとっては我が子のように可愛くて、如何に彼女に癒されていたか、思い知らされる寂しい週末を過ごしております。

[広告] VPS


入院前夜のもこちん。

早く元気な顔を見せてほしいです。

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

怪獣デブラ5歳

11/19はもこの誕生日でした。

今年で5歳になります。

人間で言うと36歳です、立派な中年です。体形も堂々というか丸々としていて、散歩中に知らないおじさんから「ようけ肥えとるの~」「ようけ肥えとるの~」と連呼される有様です。

じじばばが際限なく食べさせるものですから、標準体重の1.5倍もあり、獣医さんから「ここまで行けば、一種の虐待です」とまで言われ、じじばばは、しゅんとしていました。

ですから、怪獣デブラと異名をとるほど丸々とした巨体をスリムにするためダイエット食と日夜食事制限が取られ、日々辛い毎日を送っています。

ましてや、もこの姉妹犬のブログをこっそりと覗くとあまりの違いに、我々人間も反省する毎日なのです。

ですが、誕生日ばかりは、でっかいケーキでお祝いしてあげたいというじじばばの反対を押し切り、今年もちっさなケーキで細々と祝ってあげました。

「私は何でも良いのよ~♪」とばかりにケーキにロックオン、今年もイリュージョンでした(笑)
[広告] VPS
プロフィール

もこじじい

Author:もこじじい
稚拙な文章を操るおちゃめな50過ぎのおやじです。

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メイン水槽
マルセラバタフライ
ハシナガチョウ
ミューラーズ
サブ水槽
ハナグロチョウ1
実家水槽
ロクセンヤッコ
コラリス1
イッテンチョウ
レインフォーズ
コクテンカタギ
ゾスター
シリキルリスズメ
ホンソメワケベラ
スミツキ
インディアン
スクエアバック
スパニッシュホグフィッシュ
ソマリバタフライ
ブルーエンゼル
タヒチアンバタフライ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
もこの歓迎者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。