スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとか

アラビアンを落しておいて、こんな記事を早々に上げるのも何ですが、いつまでも落ち込んでもいられないので。

先日より餌付けに苦労していましたミューラーズ、少しずつですが食べるようになりました。

本来ならば、もっと餌食いが良い方だと思っていたのですが、予想とは違っていました。

1ヶ月も食わないと大抵はそのまま落してしまうのですが、大きい個体というのが幸いしてか、体力が比較的残っていたらしく、食べ始めました。

ここまで食わず落してしまう確信ができた頃食べだしたのは、過去1例、同じオーストラリア産のレインフォーズで経験があります。

大先輩からご教授して戴いた通り、オーストラリアの捕獲方法や大きさにも救われていると思います。

まだまだ遠慮しい々ですが、つつきだしました。

アラビアンに続き、落として終わなかったことは、大変ラッキーでした。

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

その後

ZR-75E、メーカーの方で、症状が確認できたようで、基盤を交換した旨の連絡がありました。

「保証期間内なので、保証で修理できました」とのこと。

でも購入直後から症状が出て、さらに外的要因がないことを調べるために新しくポンプを購入し、駄目押しの症状確定をしたのが購入3週間目ほどなので.......

普通に初期不良品だと思うのですが、新品交換じゃないの?
と、上記の説明になんだかなぁという気持ちに......

まぁ、でも、ただ新品に交換してもらっても代替え品が同じ症状があったことを考えると、確実に基盤交換されたものを受け取っていた方が安心かと思い、強くクレームしたりせず大人の対応で済ませました。

でも、私のだけならともかく、代替え品もアウトだとしたら、ロット番号で追跡調査しないと、広範囲で駄目な商品があるやも.....

このことも伝えた上での対応ですので、"もやっ"とおじさんになった次第です。



ところで、ミューラーズをお迎えしたことを以前報告しましたが、相変わらず餌食いストライキ中です。

アクア○フトさんからお迎えしたのですが、ここはいつもきれいな個体が来るので安心していたのですが、少し大きかったのかな。

そのせいで警戒心が強いのでしょうか、あまりにも片隅にフリーズしているので、競合食いを狙ってアラビアンたちの中へ。

しかしハンストは続いたままです(泣)

ストライキ

うーん、どうするかな.......

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

お恥ずかしいですが

先週、お迎えした子はアラビアンバタフライ(Chaetodon melapterus)でした。
ミスジ、インドミスジ、エクスクイジット、アラビアンと同系統のミスジ四兄弟の中で、一番濃い黄色を発色して魅力的でありながら他のミスジ系統と比べても、純ポリプではなく、雑食に近いと記されていましたので、チャンスがあればと思っていたのです。


この子は、すでにショップで刻みあさりに餌付いていましたので、超ラッキー個体です。
なので、ハナグロ達が食べている練り餌にも早々に興味を持ってくれました。

まだ、パクパクマシーンではありませんが、時間の問題と思います。
粒餌に移行するか迷ったのですが、ハナグロ達と一緒にする予定なので、しばらくは、このままでいようと思います。

小汚いトリートメント水槽で、恥ずかしいのですが動画アップします。

リベンジ

前回記事で紹介したタルマ、実際、私のところでは、ブライン×、ホワイトシュリンプ○~△、リーフフレンジーナノを持ってないので、フィッシュフレンジーで×。

移動先で警戒心が高くなっているのか、食べるのですが、非常にスローイーターでした。

ホワイトシュリンプも、ブロックのままだと、ほぐれても無視。
ほぐした状態でスポイドで与え、沈下していくものをゆっくりと突くが、底に落ちたものは無視。

ブロックに人工餌を混ぜ込む作戦、スポイドで与えるとき人工餌も混ぜる作戦と、ことごとく失敗。

せっかくホワイトシュリンプ食べる個体にあさりを使いたくなかったのですが、食べる量がとても心配でしたので結局、あさり経由のいつものジタバタ作戦となりました><;

現在、あさり:人工餌(2:1)になってます。


動画でもわかるように、こちらの餌でもスローイーター、少し突いては、泳ぎ、また突いては泳ぐの繰り返しですが、1日3つくらいをきれいに食べます。

となりのこは、前回紹介のオウギチョウです。

.......うそです、ハナグロです。こちらは、あさりすり身100%です。

いや、前回紹介のこは、たしかにオウギチョウでした。

入荷してすぐの即日出荷で、以前話したセオリーやあらゆる方法を試したのですが、まったく餌に反応せず餓死させてしまいました。

魚の死は、病気、治療過誤、餌付け失敗と色々ありますが、この餌付け失敗・餓死だけはやるせないですね。
どんどんペラペラになっていき、もうダメだなと判ってても、餌を投入しますが、息を引き取るまでが、とてもかわいそうです。

妻は、かわいそうだと言って涙を流します、犬猫が餓死するさまを思い浮かべてしまうそうです。
たしかに命の重さは同じです、そうなったとき、やはりポリプ食の挑戦は手軽に手を出してはダメだなと思うのですが........

魚の死を軽視しているわけではないのですが、また手を出してしまいます。

このハナグロはやどかり屋さんで、すでにサンゴを突いているとのことでしたので、入荷して少し経ったこでしたが、お迎えすることにしました。

以前触れたセオリー、今回もそのセオリーを試し、あさりに移行しました。

そのセオリー、依然触れたとき、内容を書きませんでしたが、次回、その私のセオリーとやらを何なのか書いてみようと思います。
いや、そのセオリー、ただの私の妄想なのですが.......

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

人工餌99.0%

表題の99.0%(笑)
まだ1%あさり入れてんの?
とお思いのことでしょう。

随分前の記事で書きましたが、餌をブロック状に固めるとき、(実際は平たい板状にして、ナイフで切るのですが)あさりが混ざっているときは、その水分がありますが、人工餌のみで固めるとなると別に水分が必要になります。
水を入れてもよいのですが、私は、あさりのエキスを使います。

具体的に書きますと、冷凍してあるあさり(大抵、2個ほどを使用)を飼育水50~100ml(人工餌の量で加減します)で解凍します。
次にあさりをナイフで開き、身にナイフを入れ、その解凍水の中で、ぐちゃぐちゃとかき混ぜます。(身が取れない程度に)
すると真っ白に濁った状態になるので、その汁を人工餌に混ぜます。(この汁が1%相当と考えて表題の99.0%)
解凍したあさりの身は捨てます。
欲しいのは、あさりの匂いだからです。

実際は、透明なビニール袋にお好みの人工餌を入れ振って混ぜます。
その中に汁を入れふやかします。
汁がやや多めくらいにして、1時間ほど放置しておくと程よい柔らかさになります。
ビニールの上から、麺うち棒みたいなもの(私はすりこぎで)で伸ばし均一の厚さにします。
ビニールを適当な四角に折り曲げて伸ばすと、綺麗に四角に伸ばせます。

今回は一部をあさりの殻にいれ、ハシナガチョウの餌も作りました。
前回の動画を撮った翌日から、この餌にしています。
約1週間が経ちますが食いっぷりは、前の餌と変わりません。

ハシナガチョウ、ハナグロチョウともにこの99.0%人工餌になっています。

前回と変わり映えしない動画ですが、撮ってみました。
プロフィール

もこじじい

Author:もこじじい
稚拙な文章を操るおちゃめな50過ぎのおやじです。

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メイン水槽
マルセラバタフライ
ハシナガチョウ
ミューラーズ
サブ水槽
ハナグロチョウ1
実家水槽
ロクセンヤッコ
コラリス1
イッテンチョウ
レインフォーズ
コクテンカタギ
ゾスター
シリキルリスズメ
ホンソメワケベラ
スミツキ
インディアン
スクエアバック
スパニッシュホグフィッシュ
ソマリバタフライ
ブルーエンゼル
タヒチアンバタフライ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
もこの歓迎者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。